ホームへ戻る

ABICSに関する最新ニュースをお届けします.
サイトニュース1

汎用コーデックFABICの試験版が無料でお試しいただけます

 AOTを原理とする静止画像圧縮システムPABICは,人工画像圧縮を主眼に開発されたものでした.今回,
 より少ないCPUパワーで,実時間符合化・復号ができないものか?
という多くのユーザーのご希望に答える為に,自然画像を対象とした汎用高速コーデックFABICを作成しました.FABICは,独自の交流成分予測(ACP)ともっとも単純な直交変換を組合せることで,
 符合化・復号ともに乗算を必要とせず,1画素あたりわずか数回の加減算とビットシフト演算により実装できる圧縮方式です!
これは,あまたの直交変換符号化の中でも最小の演算量と考えられます.また,JPEG2000と同様に階層処理を行うため,JPEGよりも優れた画質が得られます.その特徴は,
 デコーダが極めて高速である.
(JPEGに比較して,4倍〜3倍速,PABICに比して2倍〜1.5倍)
 エンコーダが極めて高速である.(JPEGに比較して,4倍〜3倍速)
 ブロックノイズおよびモスキートノイズを発生しない.
 サムネール作成機能を実現できる.
これによって,
 携帯端末等のクロック周波数の低いCPUでも,十分な秒間再生枚数を得られる.
 PCを用いた実時間圧縮・復号が可能となり,インターネットを介した通信に利用できる.
 より少ないコストで回路実装(LSI化あるいはDSP化)ができる.
等のより広いアプリケーションに適用できます.この新しい技術に興味をお持ちの方に現在,FABICの試験版をお試し頂いております.ご希望の方は,今すぐシェッジまでご連絡下さい.

サイトニュース2

PABICがバージョンアップします

 人工画像向けコーデックPABICは,
 エンコードに多くの時間を要するが,デコードは高速で,極めて高圧縮・高画質
という特徴を持った電子コンテンツ向けのコーデックです.今回,新しい機構「自己参照ネスト」の導入によって,
 従来に比して20%以上のさらに高い圧縮が可能
となりました.したがって,
 ポスター,漫画原稿,書籍等の既存の印刷物のデジタル化
 2DCG,3DCG画像データの圧縮
 セル画等のアニメーションの圧縮
等のアプリケーションに最適です.

 この新しい技術に興味をお持ちの方に現在,PABICの試験版をお試し頂いております.ご希望の方は,今すぐシェッジまでご連絡下さい.